銀行系カードローン おすすめ 低金利

 

総量規制外の銀行系のカードローンは何でおすすめなの?

消費者金融系と銀行系のカードローンがありますがその違いとはなんなのでしょうか。銀行系のカードローンの特徴について紹介したいと思います。

 

銀行系カードローンの大きな特徴として総量規制の対象にないということがあげられます。総量規制というのは法律の貸金業法というもので定められたもので年収の3分の1の金額しか借り入れできないというものなんです。

 

消費者金融系ですと総量規制の対象にあたるので年収の3分の1の金額までしか借り入れを行うことができないんです。それに比べて銀行系カードローンは総量規制の対象外であるため、専業主婦などの収入がない人でも借り入れを行うことができるんです。ですがその分審査が厳しいと一般的にはいわれています。

 

そのため、低金利のキャッシングを利用するためには総量規制外の銀行系のカードローンを利用するのが一番良い方法なのかなと思います。キャッシングを主婦が利用するときには総量規制に注意しなければいけないので規制外の銀行系カードローンは必然的におすすめになります!

 

ただしこれには明確な規定や差があるわけではありません。あくまでも一般的にいわれているということだけになります。他にも銀行系カードローンのほうが消費者金融系に比べて最大融資額が大きい傾向にあるのです。こうした特徴が銀行系カードローンにはあるので自分の希望に応じて使い分けるとよいと思われます。